今もっとも選ばれている「樹木葬」って実際どうなの?

スポンサーリンク
元石材店

こんにちは。かくけいです。

どちらかというと、お墓の存在に否定的な考えを持つ私が、お墓の購入をお考えの方の参考になればと思い記事を書かせていただきます。

スポンサーリンク

樹木葬とは

樹木葬とは、樹木を墓標とした埋葬方法のひとつです。

樹木葬が行われる場所は、墓地として使用が許可された場所でなければいけません。

個人が好きなように木の根元に埋めていいというものではありません。

元々は、とあるお寺が山のふもとに設置されたものがはじまりだと言われています。

このお寺での樹木葬は、埋められたご遺骨のそばに樹木を植えることによって山の再生も兼ねていました。

現在、各地で行われている樹木葬は、シンボルツリーを一本植えてその周辺に遺骨を納める方法が一般的なようです。

樹木葬の種類

樹木葬は、自然に還ることを望む方やあとに負担をかけたくない方に人気なようです。

樹木葬をおこなっている墓地や霊園は各地で多くありますが、そのすべてが同じ形式ではないようです。

共同墓標型

一本の樹木をシンボルツリーとして共同の墓標とし、その周囲を区分けし、ご遺骨を納める形式。

自然共生型

ご遺骨を納めた場所にそれぞれ植樹していく形式。山の再生も兼ねている。

墓地内型

樹木葬の区画が普通のお墓のように霊園の中に区画が設けられ、各々がそれらの区画にその霊園で定められた墓標を設けご遺骨を納める形式。

お墓さがし

メリット

・墓石代がかからないので安上がり。

それぞれの墓標をみかげ石で設ける場合もあります。

だとしても、使用する量がだんぜん少ないので安価となります。

・管理料がかからないので、あとに負担がかからない。

管理料がかかる場合もあります。

管理料がかかる場合は、複数年をまとめ払いし、その年数が経過したときは合祀するということが多いようです。

・守るべきお墓がないのであとに精神的負担がない。

娘しかおらず、その娘は嫁ぎ先のお墓を守っていくべきなのに、私たち実の両親のお墓まで守らせるのは忍びないなど。

・遺骨を土に還し自然に還ることができる。

骨壺のまま納め、数年後合祀する場合もあります。

・身寄りのない方でも遺骨を納めるべき場所を確保できる。

生涯独身だった叔父のためになど。

ご自身のために生前申込みもできますが、だれかしらそのご遺骨を持参する方が必要となります。

いいお墓 バナー お墓さがし

デメリット

・あとに残すべき墓がない。子供や孫に残せない。

お墓は相続税の対象外です。

お子さんやお孫さんがおられるならご家族で使用することができるお墓を残してあげた方が長い目で見ると安上がりです。

・一度納めると取り出せないので、転居にともなう移転ができない。

骨壺から出してご遺骨だけ納める方法ですと移転は困難ですが、骨壺のまま納めて数年後に合祀するという方法の場合は取り出せることは可能だと思います。

いいお墓 バナー

石材店からの目線

樹木葬は、普通のお墓に比べて石の使用量が少ないので石の売上は減ります。

たいていの石材店は霊園の墓地販売権を購入して販売活動をおこなっています。

一件のお客様を案内して墓地の販売権を消費して石材の売上を増やしたいのに樹木葬はそのどれもかなえてくれないのです。

石材店からすると樹木葬は面白くありません。

墓地の販売権を消費したいのは、ほとんどの石材店は銀行などからの借り入れで墓地の販売権を賄っているので、少しでも墓地の販売権を回収したいからです。

最後に

樹木葬は、個人的には最も効率のいい遺骨の納め方であると思っています。

普通のお墓に比べると安価なはずです。

何百万円もの大金をかけて立派なお墓を作るという風習が正しい道ではなかったのかもしれません。

ひとりひとりが土に還るということをしなければ、遠い将来いつかは日本の国土はお墓だらけになってしまうかもしれません。

販売する側、主に石材店などはどうにかして普通のお墓を買ってもらおうとあの手この手を使ってくるはずです。

ひょっとすると普通のお墓の方がお得なのではと思わせるほどの特価を出してくる可能性もあります。

入口としては樹木葬希望で行く方がいいかもしれません。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました