iPhoneのheicの写真をjpgに無料で一括変換

スポンサーリンク
子供とのお出かけ

こんにちは。かくけいです。

先日四苦八苦しながらiPhoneのheicの写真を一括変換しましたので、そのやり方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

heicとは

子供とのお出かけの際、iPhoneで気軽に写真をバシャバシャと撮っています。

気軽に撮りすぎて、大量の写真がスマホに残っています。

子供が生まれてすぐのころは、わざわざ一眼レフを買ってバシャバシャ撮っていましたが、整理が億劫になりスマホで撮ることが多くなりました。

それらをパソコンに取り込んで保存しています。

万が一スマホを紛失したときのことを考えてパソコンに取り込んでいます。

成人したときに子供に見せるため。

自分の老後に昔を懐かしんで見るため。

で、ちょっと気を抜くと取り込むのを忘れてしまいます。

久しぶりに見ると一年ほどその作業をやっていなかったようです。

私はフォルダ名を201612という感じでひと月単位でまとめているため。

iCloudフォトから写真のデータを引っ張ってくるのですが、拡張子(ファイル名のあとのピリオドより後ろの英字 写真の場合jpgとなっていることが多いと思います)がheicとなっている。

パソコンに取り込んでも表示されません。

調べてみるとiPhone8以降に撮影された写真につくみたいです。

拡張子.heicは高効率の写真のファイルのことです。

拡張子.jpgより軽いそうですよ。

SoftBank Air

heicにしないための設定

iPhoneの「設定」画面より。

「カメラ」という項目があります。

その中の「フォーマット」へ。

「高効率」と「互換性優先」とふたつの選択肢がありますので「互換性優先」を選択しチェックをつける。

設定>カメラ>フォーマット>互換性優先で.jpgになるようです。

△カメラ
△フォーマット
△互換性優先

heicからjpgへ

いろんなサイトを渡り歩いて調べてみました。

できれば無料で。

たとえば、無料なんだけどjpgに変換した写真の真ん中にロゴが入るパターンとか。

△中央にHEICの文字 こうなると写真の価値ないですよね

料金を支払えばこの文字は取れるそうです。

無料で何でもかんでもというのは虫が良すぎるかもしれませんね。

他にも100枚までは無料。

そのあとは有料というものもありました。

そういう変換の仕組みを編み出した方にそれなりの報酬を支払うのは当然なのかもしれませんが。

それでもなんとか無料でできないものかと調べていくと。。。

ありました。

iMazinghttps://imazing.com/?utm_source=heic-converter&utm_medium=app

△iMazing https://imazing.com/?utm_source=heic-converter&utm_medium=app

このサイトで「無料ダウンロード」を迷わず選択。

「今すぐ購入」というところは見なかったことにします。

ダウンロードすると下のような画面になります。

起動すると下のような窓が開きます。

私は、「iCloudフォト」から一旦パソコンのフォルダに写真を移してから作業を行っています。

写真の納まっているフォルダーを開いて、「種類」を押し「.heic」のみを選択しやすい形にします。

「.heic」のファイルを複数まとめて選択し先ほどのiMazingの窓にドラッグアンドドロップします。

多分100枚や200枚は平気で行けそうです。

全体のイメージは下のような感じになります。

ドラッグアンドドロップすると下のような画面になります。

「JPEG」に変換することを確認し、「Convert」を押します。

すると変換したデータを納める先を聞かれます。

私は「.heic」と同じフォルダに「.jpg」を納めました。

「.jpg」があるのを確認して「.heic」を消去するためです。

枚数やパソコンの能力にもよりますが、私の場合は100枚くらい一度におこなって10分くらいだったでしょうか。

完了予定時間が表示されます。

これで一連の作業となります。

できあがった「.jpg」を開いてみると問題なく見ることができました。

いまのところ、なんらかの対価を要求されることもありませんでした。

スマホグッズ ホワイトニング 自宅 LED

最後に

私は一気に一年分ほどをまとめて行いましたので、結構手間がかかりました。

できれば、こまめに行いたいものです。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました