お墓は本当に必要か?ほかの供養の方法を考える

スポンサーリンク
元石材店

こんにちは、かくけいです。

できることなら起こってほしくはないことですが、だれにでもいつかは必ず訪れるのが「死」です。

身近に「死」が訪れた際には、少なからず何らかの手続きや儀式が必要になります。

その大きさは、地域性や家庭の事情により異なってきます。

最低限の手続きとしては、死亡届を提出し、火葬を行なうというところでしょうか。

場合によって、各種保険の手続きや銀行口座や不動産などの資産の手続き、お通夜や告別式といったお葬式といった事柄が付随してきます。

火葬までは行わないといけないことになっていますが、その際に発生する「遺骨」については、こうしなければいけないという明確な決まりはありません。

遺骨は一般的には、「お墓」に納めることが一般的でしょうか。

先祖から受け継がれてきたお墓があるのなら、そのお墓に納めればいいでしょうが、お墓がない場合には、新たにお墓を求めなければいけないか。

新たにお墓といっても、必ずしもみかげ石でできたおはかでなくても、近年ではロッカー式の納骨堂やたくさんの方々と共に供養される永代供養墓や合葬墓、ここ最近では樹木葬といったものもあります。

これらのような納骨施設に納めなければいけない、わけではありません。

可能なのであれば、遺骨を自宅に置いておいても違法ではありません。

可能なのであれば、というのは気持ち的なものや家庭の事情。

自分の肉親の遺骨であっても、気持ち悪いと感じる方もおられるようです。

それが義理の親とかであれば、その気持ちはさらに強くなるようです。

こればかりは人それぞれの感じ方が違いますから、自分の妻や夫に強要することは困難かもしれません。

遺骨を自宅に置いておくことは問題ありませんが、自宅に広い庭があるからといって、その庭に遺骨を埋めることは法律違反になります。

遺骨を埋める、納めることができるのは、法律にのっとって許可された場所、墓地や霊園のみですので注意しましょう。

田舎のお屋敷の庭にお墓があるのを見かけた方もおられるかもしれません。

あれは、墓地埋葬法と言われる法律が施行される前からあるお墓で、特別に許可されているものです。

今から新たに自分の敷地の庭にお墓を設けることはできません。

ましてや近所の公園や河川敷などはもってのほかです。

おぼうさん便 小さなお葬式 新バナー

新たにお墓を設ける場合、昔ながらのみかげ石でできたお墓を想像する方が多いのではないでしょうか。

はたしてそのようなお墓が必要でしょうか。

一般的にお墓は、代々受け継がれるものです。

その家を継ぐ子供がいれば、お墓も受け継がれるでしょうから、お墓があってもいいかもしれません。

しかし、女の子しかいない、または子供自体がいないという場合は、本当にお墓が必要でしょうか。

家を継ぐ子供がいても、その先、そのまた先と家を継ぐ者が本当にいるのか、こればかりは分かりません。

一昔前のように子供が何人もいれば、そんな心配も必要ないのかもしれません。

しかし現代のように子供が三人もいれば、多いなぁと感じる世の中では、一人っ子の家庭も少なくありません。

子供が二人いても、男の子がいるとは限りません。

「男の子」と限定して記述していますが、結婚し家庭を持った場合、男の子の姓を名乗るほうが圧倒的に多いのでそのように記述しています。

家庭を持ち、仕事を持った男の子も必ずしも未来永劫その地で過ごすかというとそうでもないことが多いように伺います。

転勤族やあるいは海外に移り住むなんてこともよく耳にします。

そういった場合は「墓じまい」といって、せっかくこしらえたお墓を処分しなければいけなくなることもあります。

各家庭の事情によって、どのようにするのが正解かは完全に説明することは困難ですが、多くの場合は永代供養墓や合葬墓といった見知らぬ誰かと共同で供養される方式が良いのではないかと私は考えます。

みかげ石でできたお墓を数百万円でこしらえ、数年経過したのちに数十万円かけて墓じまいをする可能性が少しでもあるなら、安価で合理的な永代供養墓や合葬墓といった形を選択して、その差額分をまた違った形の供養の方法にまわしてもいいのではないかと思います。

例えば命日の日に、みんなで集まって食事会をし故人を偲ぶなど。

そのような選択のひとつに一心寺というものもあります。

大阪にあるお寺が行っている合同供養の形です。

数年前に亡くなった私の父もここで眠っています。

探せば各地に似たような様々な供養があります。

今の時代、インターネットで探せば様々な情報を得ることができますので、ぜひ自分に合った形を探してみてください。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました