「安くて旨い店はタクシードライバーに聞け」は本当か?

スポンサーリンク
タクシードライバー

こんにちは。かくけいです。

「安くて旨い店はタクシードライバーに聞け」

こんな言葉を耳にしたことはないでしょうか?

でも、実際に自分がタクシードライバーになって周りのドライバーを見ていると、事務所に戻ってきてお弁当を食べている方が多いように感じました。

不思議に思い先輩ドライバーにたずねてみました。

スポンサーリンク

タクシードライバーの昼食事情

諸先輩方にいろいろとお話を伺ってみました。

すると、自宅が近いので今の会社に勤めているという方が数多くおられました。

で、そういう方々は自宅に帰って昼食をとるという方が多いようです。

あとは自宅で作ってきたお弁当を事務所でいただく。

またはお弁当屋さんやコンビニなどでお弁当を買ってくるという方々。

お食事処などの飲食店に行かれる方は少ないように思いました。

なぜ自宅で食事?

ひとつには食費を抑えるため。

もうひとつは家族との触れ合い。

就学前のお子様がおられる場合は、自宅で家族と一緒にお昼ご飯を食べるようにしているというケースが多かったです。

学生のお子様がおられる方は夕食は自宅でという方も多くおられました。

これはタクシードライバーという職業のメリットのひとつかもしれません。

仕事が忙しく、残業残業でなかなか家族とのスキンシップが取れないという職業もあると思いますが、タクシードライバーは比較的時間の融通が利く職業のひとつかもしれません。

自宅で食事をするメリットとして、休憩をしやすいというものも挙げられます。

自宅ですから自分の寝床も当然あるので、仮眠もとりやすいと思います。

タクシーの車内でシートを倒して休憩している場面をご覧になったことがある方もおられると思います。

敷かれた布団の上で身体を伸ばして横になるのとは、癒され方が全然違います。

10分でも横になるとずいぶんと違います。

逆にシートを倒して横になった際、変な態勢だと身体を痛めてしまう場合もあります。

事務所で昼食をとる方も食後の休憩室利用のためという方も多いようです。

なぜ飲食店に行かない?

先ほども触れたように、食費の関係もあります。

金銭的なことです。

それとは別に大きな問題としては駐車場の問題です。

タクシードライバーですから、当然駐車場が必要になります。

特に繁華街では、駐車場併設の飲食店は少ないと思います。

なぜ駐車場が必要かというと、運転免許証を所持している方ならご存知と思いますが、長時間の違法駐車は駐車違反になるからです。

繁華街の路上では駐車違反にならない場所はほとんどないと思います。

駐車違反になると、当然反則金が生じてきます。

かなり高価な食事になってしまいます。

さらに違反点数も発生してしまいます。

駐車違反の点数はタクシー会社にも課せられる

タクシードライバーにとって違反点数は致命的です。

さらに所属している会社にも迷惑をかけてしまいます。

駐車違反とスピード違反は、タクシー会社に対しても違反点数が課せられます。

タクシー会社は一定の累積違反点数になると優良事業者の認定を外されてしまいます。

地域にもよりますが、優良事業者の専用乗り場が存在します。

タクシー会社にとって致命的ですが、同じ職場の仲間たちにとっても迷惑が掛かります。

最後に

無料の駐車場のある飲食店というとファミレスやショッピングセンターなどではないでしょうか。

「安くて旨い店」を聞く側としては、「そういうところではない」との反論が聞こえてきそうです。

それにファミレスやショッピングセンターばかり行っているようなタクシードライバーが、「安くて旨い店」を分かっているかというと疑問に感じます。

当然、タクシードライバーの中には「安くて旨い店」を知っている人もいるでしょうが、タクシードライバー全員には当てはまりません。

「安くて旨い店はタクシードライバーに聞け」は、都会では当てはまらないでしょう。

「安くて旨い店はタクシードライバーに聞け」は駐車違反の取り締まりのないような郊外の地域や観光地(知識を習得しようと努力しているでしょうから)でならあてはまるのかもしれません。

あるいは、美食家ドライバーか高収益ドライバーか^^

お客様の声を収集しているドライバーも「安くて旨い店」に詳しいかもしれませんね。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました